アスカのひとりごと#2

好きなことをいろいろ書くだけ/ブログ内の画像などの無断転載は禁止です

ユメダン日記「VSドラゴン5②」

 

今週のメンバーは先週に引き続きフレイユキシアエレリアシェシルです

 

ボーマンダ「さあ…来い!!」

シェシル「…うぅっ…よし!みんな行くよ!!」

フレイユ「先手必勝!くらえっ!」
うずしおを繰り出すフレイユ
モノズ「へへんこんなの避ければどおってことないぜ~!行くぜ!」
りゅうのいかりを繰り出すモノズ
キシア「…」
リーフブレードで真っ二つにするキシア
モノズ「…!?」
オノンド「やるじゃねーか、これならどうだ?」
ドラゴンクローを繰り出すオノンド
エレリア「とりゃあああ!!」
ほのおのうずで対抗するエレリア
シェシル「次はボクの出番!」
げんしのちからを繰り出すシェシル
ガバイト「お子ちゃまは黙ってな!!」
ドラゴンクローで跳ね返されるげんしのちから
シェシル「うわあ!?」
エレリア「シェシル!!」
岩に埋れて動けなくなるシェシル
シェシル「うぐぐ…出れない…」
戦いながらシェシルを気にするエレリア
エレリア「シェシル!何とか脱出するんだ!」
シェシル「うっうん!!」
その間にも戦い続けるキシア、フレイユ
キシア「だぁっ!!」
フレイユ「それぇ!!」
ボーマンダ「お前ら情けないぞ」
フカマル「やっやばいこのままじゃ負ける…あっそうだ…」
 
シェシル「わっ何!?」
エレリア「どうした…はっ!」
フカマル「こいつを助けたいなら降参しろ!」
シェシル「くっ…」
キシア「卑怯な…!」
フレイユ「お前ら正々堂々バトルしろ!!」
ボーマンダ「おっと…余所見してる場合か?」
フレイユ「!?…ぐああっ!!」
キシア「ぐっ…!!」
倒れこむフレイユ、キシア
エレリア「2人とも大丈夫か!?」
ボーマンダ「やはり相手にはならなかったな…」
エレリア(くっそ…敵は後2体なのに…ここで終わりなのか!?)
 
シェシル「あ!そっか…えーい!!」
フカマル「ぐはっ…!!」
倒れるフカマル
エレリア「…シェシル!」
シェシル「サイコキネシス使えば簡単に岩をどけられたや〜えへへ」
エレリア「はあ…笑ってる場合じゃないだろ」
ボーマンダが飛びながらだいもんじを繰り出す
避けるエレリア、シェシル
エレリア「ここからじゃ攻撃が当たらない」
シェシル「ボクに任せて!」
ボーマンダの元へ飛ぶシェシル
ボーマンダは容赦無く炎技を繰り出してくる
シェシル「あちちっ!」
エレリア「シェシル気を付けろ!」
フレイユ「こういう時は…あまごいだな」
フレイユのあまごいで雨が降り始める
シェシル「涼し〜い!」
ボーマンダ「ならこれはどうだ?」
りゅうのいぶきを繰り出すボーマンダ
シェシル「よっ!」
素早く避けてメガトンパンチを繰り出すシェシル
ボーマンダ「く!」
キシア「ボーマンダも、もうそんなに体力は残っていないはずです…!」
フレイユ「いけぇ!修業の成果を見せてやれ!!」
エレリア「シェシル!!」
ボーマンダ「ぐおおおおおっ!!!」
シェシル「メーガ―トーンー…パーーーンチ!!!」
シェシルは素早い動きでボーマンダにとどめをさした
 
ボーマンダ「…そんな…馬鹿な…」
飛ぶ力もなくなり落ちるボーマンダ
キシア「大丈夫ですか?」
キシアがサイコキネシスで助ける
ボーマンダ「すまない…」
シェシル「ボクたちが勝ったんだから、もう出て行ってよね!」
モノズ「ああ…」
エレリア「心配するな、私が空いてる場所を教えてやるから」
オノンド「本当か!?」
エレリア「ちゃんと5人でいられる場所をな」
フカマル「やったー!俺たちはずっとボスについて行きますから!!」
ガバイト「ドラゴン5は永久不滅だッ!」
シェシル「…そのドラゴン5ってやめない?」
フレイユ「ダサいよな」
ガバイト「何か言ったか?」
フレイユ「いや~何も!それより、早くエレリアに場所紹介してもらえよ!」
シェシル「ストーーーップ!!」
キシア「どうかしましたか?」
シェシル「やっぱりここに寝泊まりして良いよ」
フレイユ「はあ!?」
エレリア「何言い出すんだよ…」
シェシル「だってこの洞窟…こんなにびしょびしょになっちゃったんだもん!!」
フレイユ「あ…」
エレリア「確かに…」
シェシル「もう!フレイユのせいなんだからね!!」
フレイユ「全部オレのせいかよ!?」
ぎゃいぎゃい
キシア「まあまあ…」
ボーマンダ「ここは俺たちが綺麗にして行く」
エレリア「本当か!」
ボーマンダ「またお前たちとバトル出来るのを待っているぞ」
キシア「こちらこそ!」
 

f:id:ASUKA7:20140525191343p:plain

 

来週のメンバーはネオンファネスです