アスカのひとりごと#2

好きなことをいろいろ書くだけ/ブログ内の画像などの無断転載は禁止です

ユメダン日記「VSドラゴン5①」

今週のメンバーはフレイユキシアエレリアシェシルです

 

ーイトズ

 
フレイユ「おーい!」
シェシル「あっ!フレイユ、キシア!来てくれたんだね!!」
キシア「もちろんです」
エレリア「突然連絡して悪かったな」
キシア「いえ。ところで助けて欲しいって何があったんですか?」
エレリア「実は…シェシルの寝床を取られてしまって」
フレイユ「寝床?あぁ、前にエレリアとシェシルが秘密の場所とか言ってた、上からしか入れない洞窟のことか」
シェシル「そうなんだよ!!ボクがちょっと留守にしてた間に勝手に寝床にしちゃったみたいで…もう!ホント許せない!!」
フレイユ「そんなのバトルで取り返せば良いだろ?」
エレリア「バトルならやったさ。でも相手は強者の5人組で…私たち2人じゃ敵わなかった」
キシア「エレリアとシェシルが負けるなんて…」
フレイユ「相当強いんだなそいつら…バトルしてみたいぜ!」
シェシル「もー!フレイユ!真面目に困ってるんだよ!!」
キシア「とりあえず行ってみましょう」
 
ー洞窟前
 
わいわいがやがや
キシア「洞窟の方が騒がしいですね」
シェシル「ボクの寝床なのに!」
エレリア「最近はイトズに移住してくるポケモンも増えてきて、寝るところがなくなってきたからな…」
フレイユ「何でそんなに寝る場所にこだわるんだ?その辺りで寝れば良いだろ?」
エレリア「それは危険だ。みんな自分のテリトリーを持っていて、少しでも入ったりしたらバトルになる」
フレイユ「ホントにイトズの住民はバトルのことしか考えてないんだな」
シェシル「フレイユもでしょ?」
フレイユ「うっ…まあな…」
エレリア「よし、早速乗り込むぞ」
フレイユ「ん?今思ったけど…相手は5人なのになんでオレたちは4人なんだ?」
シェシル「あっそう言えば」
エレリア「本当はキシアとフレイユとファネスに連絡したんだが…」
キシア「ファネスはデルフィニウムの方で用事があったもので」
シェシル「えーー!!じゃあジュリとか今から呼ぼうよ!」
エレリア「ジュリは足手まといになるだけだと思う」
フレイユ「そうだな」
シェシル「えぇーー!?一緒に旅した仲間なのに!?」
キシア「今回は私たちだけで行きましょう」
シェシル「キシアまでー…これで倒せなかったら次は9人全員で攻めるんだから!!」
フレイユ・エレリア「それは多すぎだろ!!」
 
ー洞窟
 
モノズ「いや~今日も全戦全勝でしたね~」
ガバイト「あったりまえだろ」
フカマル「やっぱドラゴン5は最強っす!」
オノンド「ボスに適うやつなんていませんって」
ボーマンダ「ふん…イトズってところも大したことないな」
エレリア「何が大したことないって?」
ボーマンダ「ん…誰だ?」
シェシル「ボクの寝床をか・え・せーーー!!!」
フカマル「また来たのかよー」
オノンド「1度負けたんならさぁ、さっさと他の場所行けよな」
シェシル「むむむむむむ…ああ!!それボクが集めてたきのみだよ!?」
モノズ「もぐもぐ…」
シェシル「もう許さないからね!!」
ボーマンダ「ふん…お前らじゃ相手にならん、さっさと帰れ」
エレリア「今日は私たちだけじゃない」
フカマル「あっ上に誰かいるっす!」
スタッ
キシア「今日は私たちも」
フレイユ「相手になるぜ!」
ボーマンダ「くっくっく…良いバトルを期待しているぞ」
 

f:id:ASUKA7:20140518182006p:plain

 
つづく