アスカのひとりごと#2

好きなことをいろいろ書くだけ/ブログ内の画像などの無断転載は禁止です

ユメダン日記「恋バナ」

今週のメンバーはネオンリーンです

 

 

 ーリーンの家 夜

 

ネオン「リーンの作ってくれたご飯美味しかった~!」

リーン「いつもネオンの家に行ってばかりだったから、今日はおもてなし出来て良かったわ」

ネオン「そうだね!リーンの家に泊まるのも初めてかも」

リーン「じゃあそろそろ寝ましょうか」

ネオン「うん」

 

リーン「ねえ、1つ聞いていい?」

ネオン「何?」

リーン「今でも好きだよね?ジュリのこと」

ネオン「なっなな何!?いきなり!?」

リーン「この前、学校にジュリたちが見学に来たんだけど…」

ネオン「そうだったの!?それで??」

リーン「私の友達がジュリのこと気になったみたいで、今度紹介して欲しいって言われたんだよね」

ネオン「だっ…だから…何?」

リーン「紹介して良いの?」

ネオン「私は…別に…」

リーン「じゃあするわね」

ネオン「うぅーーっやっぱダメーー!!」

リーン「もー…どっちなの?」

ネオン「だってぇ~」

リーン「…ジュリはネオンのことどう思ってるのかしらね?」

ネオン「えぇ!?そそそんなの分かんないよ」

リーン「実はユメのことが好きだったりして…」

ネオン「ええええええ!?!?」

リーン「冗談よ!冗談!!」

ネオン「リーンひどいよ~!ユメは可愛いし優しいし…勝ち目ないもん」

リーン「ネオンは良く変顔するし泣き虫だしバトルも弱いしそれから…」

ネオン「もうやめてっ!」

リーン「くすくす」

ネオン「…そういうリーンこそどうなのよ!?」

リーン「フレイユは、私の気持ち分かってくれてるわ」

ネオン「うぐぐぐ…」

リーン「ジュリもいつか気付いてくれると良いわね」

ネオン「うん…私ずっと待ってる!!」

リーン(あっ自分からは言わないのね…)

 

f:id:ASUKA7:20140504172637p:plain

 

来週のメンバーはユメフレイユシェシルです