アスカのひとりごと#2

好きなことをいろいろ書くだけ/ブログ内の画像などの無断転載は禁止です

ユメダン日記「ファネスのギルド②」

今週のメンバーは先週に引き続きフレイユファネスシェシルです

 

デルフィニウム

 
シェシル「探検隊いかがですか〜?」
ファネス「売り物じゃないから!!」
フレイユ「おっ!そこのお前強そうだな…!バトルしようぜ!」
ファネス「真面目に勧誘して!!…はあ、仲間探しも大変だなぁ」
シェシル「まあ、ボクたちは成り行きで仲間になったみたいなものだからね〜」
ファネス「成り行きって…」
フレイユ「どこかに、ギルドに入りたいって子いないのか?」
ファネス「いたら苦労しないよ」
ヒトモシ「あの…」
シェシル「そうだよね〜あっ看板作ろうよ!看板!」
ヒトモシ「あのー」
フレイユ「看板か…チラシ配るとか?」
ヒトモシ「あっあの!!」
ファネス「ん?何?」
ヒトモシ「わたくしをギルドに入れて下さい!!」
ファネス「…え!?」
シェシル・フレイユ「えぇーー!?」
 
ー神殿
 
ヒトモシ「わたくし、ランナと申します」
ファネス「よろしく!僕は…」
ランナ「ファネスさんですよね!そちらの方はフレイユさんにシェシルさん!」
シェシル「おぉ〜!名前当てるなんて超能力?」
フレイユ「いや、オレたちこの国救ってるんだから知られてて当然だろ?」
ランナ「はい!有名人ですよ!!」
シェシル「なんか照れるね」
ファネス「君、ギルドに入りたいんだよね?」
ランナ「はい!あなた方の勇姿に、わたくし感動して…ずっと憧れていました。どうしたら、ギルドメンバーになれるのですか?」
ファネス「え?」
ランナ「試験とかバトルとか…でしょうか?」
ファネス「いや、特にないけど…」
ランナ「そうなんですか?」
フレイユ「一応バトルはした方が良いんじゃないのか?」
シェシル「そうだよ〜」
ファネス「でも…やっと見つけたメンバーだから」
ランナ「わたくし、強さには自信があります!」
シェシル「じゃあ、女の子同士ボクとバトルしようよ!」
ランナ「はい!」
 
ー広場
 
フレイユ「バトルスタート!」
シェシル「そっちから良いよー!」
ランナ「では…参ります!はああ!!」
プシュー
シェシル「…?今の何?」
ランナ「え?炎の渦です…けど…」
フレイユ「ひのこにすらなってなかったぞ!!」
ランナ「えぇ!?親や執事はすごいって褒めてくれましたのに…」
フレイユ(こいつお嬢様なのか…)
シェシル「そんなんじゃバトルにならないよ〜」
ランナ「ごめんなさい…わたくしじゃダメでしょうか」
フレイユ「もう少し強くならないと厳しいよなファネス?」
ファネス「僕は強さとか気にしないよ」
フレイユ「え!?」
ファネス「これから一緒に強くなって行けば良いし!」
ランナ「それでは…」
ファネス「ランナ!今日から君は探検隊のメンバーだよ!」
ランナ「あっありがとうございます!」
フレイユ「ファネスがそう言うのなら…ランナ、頑張れよ」
シェシル「応援してるよー!」
ランナ「はい!皆さんありがとうございます!ファネスさん、よろしくお願いします」
 

f:id:ASUKA7:20140420185442p:plain

 

来週のメンバーはジュリリーンファネスエレリアです